ブランクさん必見!看護師の復帰!仕事はまずは簡単な採血などからはじめよう!

看護師の復帰!仕事はまずは簡単な採血などからはじめよう!

看護師の仕事は、女性が多く活躍しているというイメージがあるのではないでしょうか。しかし、女性の場合、結婚や出産などのようなライフスタイルの変化によって、仕事を辞めてしまわなくてはならない可能性もあるのが現状になっています。また、看護師の仕事は、基本的に非常にハードワークになり、家事や育児との両立を行うことが困難でもあります。正社員で病院の常勤であった場合には、希望の休みが取得できなかったり、残業が多かったりして、どうしても仕事中心の生活になってしまうでしょう。

 

さらに、看護師の仕事は、人の命を預かる仕事になりますので、責任も重く、少しの油断が重大な医療ミスにつながってしまう可能性もありますので、精神的な負担は非常に大きくなります。それに加えて、体力的な負担も大きい仕事になりますので、一般の仕事よりも離職率は高い傾向にあります。
看護師の方が、これらの理由で仕事を1度辞めてしまった場合、すぐに転職を行うのでしたら問題はありません。しかし、しばらく職から離れていて、ブランクがある場合には、復帰となりますと簡単ではありません。看護師は、人の命を預かる、医療に関わる仕事になりますので、常に最先端の知識や技術を持っていないといけません。医療の知識や技術は、常に進歩していますから、医療に携わる仕事を行う人は、技術の進歩に追いつくために日々の勉強が必要になるのです。しばらく現場から離れていてブランクがある場合、今までの知識や技術を忘れてしまう可能性もありますし、最新の知識や技術に追いついていけませんので、看護師として復帰をしたくても、現場で即戦力として働くことは困難になってしまうでしょう。
看護師ブランク3
とはいえ、せっかく看護師になるために勉強を行ってきて、資格を取得したのですから、ブランクがあるからといって復帰を諦めてしまうのは非常にもったいないことです。その場合、いきなり常勤として病院勤務を行うのではなく、看護師の今までのキャリアを活かせる仕事から始めてみるのがおすすめになります。
ブランクがあっても働きやすい仕事の1つに、採血を専門で行う仕事があります。採血のみを行いますから、病院勤務のような複雑な医療行為はなく、ブランクがあっても働きやすいでしょう。もし、いずれ、病院勤務に復帰したい場合には、採血専門のような負担の少ない仕事で感覚を取り戻しながら、並行して知識や技術の勉強を行っていくことがよい方法になるでしょう。