知りたい!看護師の再就職方法!ブランクがあったら就職には不利?

看護師の再就職方法!ブランクがあったら就職には不利?

看護師の方が結婚や出産を機に、この仕事をやめられるのはよくあることです。いったん仕事をやめられてブランクのある方が再就職するときに不利になることは、ほとんどありません。看護師の仕事は売り手市場で、全国各地で人材の不足が続いています。人材の不足が続いているので、ブランクのある方でも積極的に採用する病院やクリニックは多いです。ブランクのある看護師の方は、仕事を再開することに対して不安を感じておられる方が多いと思います。そういった不安が再就職の一番の妨げと言えるかもしれません。不安解消!看護師の再就職!ブランクが空いてる場合はコンサルタントに相談しよう!

 

ブランクのある方は各地で開かれている研修に参加しましょう。これはブランクのある看護師の方を対象としたもので、いろいろな団体が実施しています。大きな病院が行うこともありますし、看護協会や看護師の転職サイトが行うこともあります。研修は3日から1週間程度で、その間に最新の医療の知識や技術を学びます。大きな病院の場合は、ホームページでこの種の研修のことを告示することがあるので、調べてみましょう。転職サイトが開く研修もあり、こちらに参加したら、最新の仕事の情報を入手できる可能性があります。

 

ブランクの方がいきなりフルタイムの看護師の仕事をするのは避けた方が良いかもしれません。パートやアルバイトから始めて、少しずつ現場の雰囲気に慣れていくのがお勧めの再就職法です。最近は介護関連の求人が増えており、アルバイトやパートも募集されています。老人ホームや特別養護老人ホームで働く仕事です。主な仕事はお年寄りの健康状態の管理です。この種の仕事は看護師の仕事を再開される時に非常にお勧めです。その一番の理由は負担が少ないことです。病院の仕事だったら、ケアをする患者さんの数も多いですし、残業や夜勤もあります。しかし介護の仕事の場合は、残業や夜勤があることは少ないです。夜の仕事はその施設の介護職員が担当するので、看護師がする必要はありません。おまけに担当するお年寄りの数も、病院の患者さんにくらべたら少ないです。経験者の方が一応優遇される仕事ではありますが、各地で人材が不足しているので、未経験者の方も採用されます。

 

この仕事に関連のある訪問看護の仕事のお勧めです。訪問看護は、自宅で療養しているお年寄りの所へ出かけて医療行為をするものです。この仕事も夜勤や残業はありません。一日に担当するお年寄りの数は決まっているので、病院の仕事よりは働きやすいです。
看護師ブランク4